自己紹介

私は和歌山県の小さい町に生まれました。
父は3代続く製材所の社長でした。
和歌山は昔から山が多く、木が豊富だったので昔は製材所は各町にありました。


会社には数日おきに大きなトラックがたくさんの巨大な丸太を積んで運んできました。
それらを会社の敷地内に下ろすと町中に大きな音が響き渡ったのが今でも印象的です。

しかしだんだん時代の流れで、海外からの安い輸入材が入ってくると周りの製材所はどんどん廃業していきました。


父は会社を維持するために、不動産の免許を取得したり、建築士の免許を取って事業を拡大していきましたが、周りの不況と重なり会社はどんどん小さくなっていくばかりでした。

私は父には新事業を始めるなど、どんどん新しいことに挑戦して成功してもらいたかったのですが、製材事業やビジネスの事はなにも知らなかった私はどう手助けしていいのかわかりませんでした。
何もできないまま父の会社はどんどん縮小していきました。

その時私は、東京のITベンチャー企業で駆け出しのウェブデザイナーをしており、主に有名人のブログ等のデザイン制作を行なっていました。

しかし、あまりやりがいを感じられず、たまに入る企業のホームページ制作の方が楽しく感じていました。
企業の社長さんたちの会社への情熱や戦略を聞く方が楽しかったのです。

その後、結婚を機に私は千葉のフリーペーパーを発行している広告代理店に転職し、地元の中小企業のホームページの制作や運営に携わることになりました。
そこでは地元の企業に直接関わることができたので地元企業の奮闘や工夫についてのお話を聞かせていただいたり、ホームページでそのお手伝いをすることは楽しかったです。
また、その時同時にウェブ解析に興味を持ち、ウェブ解析士の資格を取得しました。

その後、主人のオーストラリアへの転職を機にフリーランスのウェブデザイナーになりました。
フリーへの転身後は仲間とアーティストの総合情報サイトの運営を行なったり、お米やさんのネットショップ制作や運営に携わり、ウェブデザインとウェブ解析の両方を使いながらお客様のウェブサイトでの成功の手助けをさせていただきました。

そんなとき父が突然のがんで宣告から半年も立たずに亡くなってしまいました。私はその時は第二子を妊娠中だったため、お葬式にも出席できませんでした。

それから数年経った最近、フリーランス・中小企業の方々にとってWordpressの基本的な使い方やSEO、ウェブマーケティングについての基本的な情報を学びたくても学べない状況にあることを知りました。
それはそうかもしれません。
WEBの業界は移り変わりが早いのできちんとしたベースの知識がないとすぐに新しい情報に惑わされて何が正しいのかわからなくなったり、付け焼き刃の対応をしていることでその対応方法はすぐに古くなっていた、なんてこともよくあります。

そこで、私の知識や経験がみなさんのお役に立つのではないかと思い、新しくセミナーやチューターを行う教育関係の事業を始めることにしました。
今までのようにサービスではなく知識を提供することで、みなさんと一緒に成長でき、知識を財産にしていただくことができます。

この方法で、ずっと答えを探していた、父のような地方の中小企業の方々の再生を手助けしていきたいというのが今の私の願いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。